スポンサーリンク

「ワイキキ・フードホール」がオープン


2020年3月7日、ロイヤルハワイアンセンターC館3階に、新しいフードコート「ワイキキ・フードホール(Waikiki Food Hall)」 がNEWオープンしました。


【The CATCH of Hawaii (ハワイの美味しいもの全部)】をコンセプトとしたフードコートで、すごく綺麗でおしゃれでした。例えるなら、日本のマルイとか若者が集まるデパートのデパ地下みたいな感じでした。

個性的な8店舗


「ワイキキ・フードホール」には8つのお店が入っています。まだフロアマップが仮の状態でした笑。


1.「MILK(ミルク)」。日本初の生クリーム専門店。


究極の生クリームが楽しめる、生クリームが主役のデザートメニューが沢山。日本でも大人気のお店のようです。


2.「Serfar's Cafe(サーファーズ・カフェ)」。ハワイ産のコナ・コーヒーを使用した上質なコーヒーが楽しめるカフェ。またコナコーヒー以外にもオーガニック素材のフルーティーで香り立つ紅茶もいただけます。


店頭で販売されている海のモチーフのグッズもすごく可愛かったです。お土産にもぴったり♡


3.「5 STAR SHRIMP(ファイブスター・シュリンプ)」。ガーリックがしっかり効いたプリップリの海老の食感が楽しめます。

シュリンプメニューは、ガーリックシュリンプ・スパイシーシュリンプ・レモンバターシュリンプの3種類、お米、サラダのついたプレートになっています。


4.JTRRD。とっても美しくて可愛いフードアートがされたスムージーが楽しめます。これは女性に人気が出そう♡フルーツがふんだんに使われていて、見た目だけじゃなく味もちゃんと美味しそうです。


その他にもフルーツを盛り付けした、ボンボンスムージーもあって気になります。


5.POTAMA(ポーたま)。ポーたまは、沖縄の家庭で愛され続ける「ポークたまごおにぎり」を出来立てで提供する唯一の専門店です。スパムと玉子焼をベースに様々な食文化をサンドするのが特徴で、この店限定のスペシャルメニューもご用意。みそスープもおすすめらしいです。


いろんなメニューがあって全部美味しそう!ロコモコやガーリックシュリンプおにぎりがハワイらしいですよね^^これは絶対日本人が好きなお味♡


6.「Honolulu Burgar Co.(ホノルル・バーガーカンパニー)」。ハワイ産の地元食材にこだわって、オアフ島だけでなくハワイの島々で栽培、飼育された新鮮な食材を使用。ハンバーガーに使用するパテは、ハワイ島やカウアイ島の個人経営牧場で飼育されたビーフ。 野菜もローカル産のものをを使用。フライドポテトもジャガイモからの手作りでこだわりのあるハンバーガーショップ。こちらはまだ準備中のようでした。


7.「TAP BAR」。ここ数年ハワイで人気のクラフトビールを色々楽しめるバーKAKA’AKOカカアコ、LANIKAIラニカイなどに工場がある地ビールを提供。ハワイ島のはちみつ、レモン、ライムなどを使用したビールのHonolulu Beerworks(ホノルル.ビアワークス)モルトの味を生かした本格派のラガービールなどの、Aloha Beer Co. (アロハ.ビア.カンパニー)。ローカル産のフルーツや素材にこだわった、Lanikai Brewing Company(ラニカイ.ブルーイング.カンパニー)。色々なビールを試したい方には4種類のビールが飲めるテイスターのセットを。 ブルーハワイやチチなどのハワイカクテルもあり。
8.「MEATALY BOYS」。アラモアナショッピングセンターで展開する「肉太郎」 の流れを汲んだステーキグリルのお店。こだわりのリブロースステーキをコアに、じっくりと豪快に焼き上げたフリフリチキンや、ハワイ産ベジタブルを使用したおつまみメニューなども。ハワイを代表するお肉料理が楽しめます。

店内も広々



店内は広々としていて、席数も多いです。ゆったりできそうな空間でした。トイレもあり。オムツ台はなかったです。

スポンサーリンク

まとめ


以上の8店舗がNEWオープンしていました!ワイキキの中心街にあるロイヤルハワイアンセンターはアクセスも抜群。ハワイの人気最新スポットになること間違い無しですね。

アクセス


Waikiki Food Hall ワイキキフードホール(ロイヤルハワイアンセンターC館3階)
営業時間:8:00~23:00

 

MAHALO♡
ランキングにも参加中です。
このブログがお気に召されましたら応援クリックよろしくお願いします。
↓↓↓

▶︎楽天ROOMもやってます

スポンサーリンク
おすすめの記事