♡ハワイ生活 ハワイ子育て 子連れハワイ

【子連れハワイ】日本からハワイに戻ってきました。生後4ヶ月 成田空港→ダニエルイノウエ空港

投稿日:

The following two tabs change content below.
ハワイ在住ライター。 日本で普通のOL生活から一転してハワイへ移住。 女性目線のリアルなハワイ情報を配信しています。




楽しかった日本一時帰国

またまた更新が少し空いてしまいました。

ハワイ在住ブロガーくるみです。娘を膝の上に乗せながらこのブログを書いています笑。

約1ヶ月半の日本一時帰国を終えて、ハワイに戻ってきました。日本ステイは本当に楽しくて、家族と過ごしたり、毎日のように出歩いて友達やお世話に成った方々にも沢山お会いできました。

やっぱり日本は快適で便利で住みやすい国だなと再認識。まずご飯が美味しいし安い。本当にこれ大事ですよね。美味しいランチが1000円前後で食べられる。チップも要らない。増税しても全然安く感じてしまいました。

沢山外出して、色々な交通機関も使って、子連れ一人フライトもしたりと結構連れ出しました。娘はかなり外出慣れしたと思います笑。人見知りも今の所ありません。

 

 

2回目の子連れフライト


さてさて、前回の記事でハワイ⇨日本の初の子連れ飛行機のことについて書いたのですが、帰りの日本⇨ハワイの子連れフライトも無事に終えることができました。

行きに飛行機が割と大人しくしてくれて寝てくれたし、「あ、この子多分大丈夫だな」という自信がつき、帰りのフライトはあまり心配していませんでした。時間も行きより短いですしね!

 

 

しかしミルク問題が…

超便利なアメリカ製液体ミルク。


一つだけ問題だったのが、日本ステイ中に常温のミルクを飲まなくなったことでした。

なんと日本の温かいミルクに慣れて味をしめたのか、アメリカ製の常温液体ミルク&粉ミルクを飲まなくなってしまったのです…。多分日本が寒くて冷たく感じてしまったのだと思います。

これには本当に困りました。そのため日本ではお湯を入れた水筒を持ち歩いて、調乳して飲ませていました。日本は授乳室どこでもお湯があって便利ですね。日本の授乳室にも感動しました笑。





こうなると、飛行機の中での授乳も手間になる。行きの飛行機内では乳首キャップをつけるだけでいけるアメリカ製液体ミルクをあげてました。機内でもお湯はもらえますが、古い飛行機のタンク経由のお湯をもらうのは個人的に嫌でしたので、自分でなんとかしようと思いました。


そこで考えたのがマグポーチに液体ミルクとホッカイロを入れて温める作戦!これがいい感じに温まってゴクゴク飲んでくれました。これで機内での授乳はなんとかなりました。

 

 

機内ではお利口さんに


日本⇨ハワイ便は夜。搭乗直前にベビーカーを預け、コニー抱っこ紐にうつすとウトウトと眠ってくれました。そしてそのまま搭乗して離陸も爆睡。フライト中はほとんど寝ておりました。起きてもご機嫌にしてるか静かにしててくれました。


今回もバシネット席を予約していたのですが、乱気流が続きずっとシートベルト着用サイン付きっぱなしでしたのでほとんど使っておりません…。






ほとんどずっとコニーの抱っこ紐で抱っこでしたのでさすがに肩が凝りました。でもギャン泣きするよりは全然マシ!!

今回のフライトで大変お世話になったコニーの抱っこ紐。これから子連れフライトされる方は是非持ち込むことをお勧めします。エルゴの抱っこ紐をしてる方もいらっしゃいましたが、やっぱりかさばるし座りにくいだろうなぁと思いました。その点コニーは薄く、洋服感覚で身に纏えますのでいいですよ。

 

子連れファミリーが多かった

帰りの便では行きと違って、周りに子連れファミリーが多くとても心強かったです!

機内食後、機内のライトも消えて就寝モードに入った際に一人の1歳弱くらいの男の子がギャン泣きしていました。30分以上はギャン泣きしていたと思います。えずくくらい泣きわめいていて。もう私もそのご両親の気持ちになってしまい、私までドキドキして早く泣き止んでくれますようにとここをの中で祈っていました。

そのファミリーは子供3人の5人家族で、3列シートにパパが1歳弱の子を膝の上に、そして両脇に4歳2歳くらいの兄妹ちゃん、お母さんはその後ろの列に座っておられました。その為パパ一人でその子をあやしながら両脇の兄妹ちゃんも見ていてあげてて、もう尊敬しました。

しかしその時上空は乱気流でずっとシートベルト着用サインが着いたまま。立ち上がって歩いたりしてあやすことが出来ないのです。なのでパパがずっと座ったままあやしていて、でもそんなんじゃ泣き止まなくて。30分も泣いていたので周りの乗客の方も白い目で見ている方もおられました。

30分経過した後、CAさんがパパの元に来られて、特別に機内を歩くことを許可されていました。そしてパパはエルゴの抱っこ紐を装着して機内をぶらぶらあやしに行かれ、ようやく泣き止んでくれた次第です。

子連れフライトは本当に体力勝負だなと思いました。私はそのパパがすごすぎて感動してしまいました。強烈なプレッシャーの中本当にお疲れ様でしたと言いたいです。笑




まとめ


こんな感じで私の子連れフライトも無事にやり過ごすことができました。今後も子連れで飛行機に乗る機会はどんどん増えていくと思うので、私も娘も慣れなくてはなと思います。海外在住だとどうしても避けては通れない道ですね。

でもやっぱり子連れフライトは気疲れが半端ない。自分が寝ることは一切考えていませんでした笑。とりあえずやり過ごすことだけを考えて。

今回とても勉強になりましたので、次回の子連れフライトはもう少し気負いせずに楽に挑もうと思います!!

子連れハワイされる方も是非子連れフライト楽しんでくださいね^^

 

 

MAHALO♡
ランキングにも参加中です。
このブログがお気に召されましたら応援クリックよろしくお願いします。
↓↓↓

スポンサーリンク

-♡ハワイ生活, ハワイ子育て, 子連れハワイ

執筆者:

Sponsered Link




PROFILE

プロフィール

このサイトを運営している
くるみです。
ハワイ在住のライターです。
女性目線のリアルなハワイ情報を
発信しています。
詳しくは私の生い立ちをご覧下さい。

ランキングにも参加中です。
応援クリックよろしくお願いします。
↓↓↓

私がライターを務めるサイト。

ハワイ旅行に便利な楽天カード